ユニークなドリンクレシピ

おうち時間で楽しむ、ホテルのオリジナルカクテル。

カクテルレシピ

マリブからマルベーリャまで、リーディングホテルズにはお洒落なホテルバーが豊富。そして、これらのバーの存在を際立たせているのは何かと問われれば、美しくデザインされたメニューに、次々と掲載される独創的なカクテルレシピと言えるでしょう。

ここでは、世界中のトップバーテンダーがリーディングホテルズのバーのカクテルレシピを紹介しています。すぐに完璧なカクテルが出来上がるなんて、気分もあがるかもしれません。

地域ごとのお勧め

リーディングホテルズのカクテルレシピをお楽しみください。

カンクンのリゾート地のプールサイドやバレアリックの海の端にあるビーチサイドのバーでリラックスしているような気分になれるカクテルを再現するために必要なのは、いくつかの簡単な材料だけです。

Es Vedrà

セブンパインズ ケンピンスキー イビサ、イビサ、スペイン

セブンパインズ ケンピンスキー イビサは、地中海と遠くに浮かぶエス・ベドラ島の素晴らしい景色を堪能できるホテルです。この高さ1,250フィートの岩だらけの島は、島で最も有名な自然のランドマークのひとつであり、夕暮れ時にはこの景色が見られることでも知られています。柑橘系の香り高いこのカクテルは、この不思議な島にちなんで名付けられました。10世紀にアラブ人によって島に伝わったレモンを主原料とし、イビサ料理の主役であるアーモンドがその風味を和らげる役目を果たしています。

材料
レモングラスを入れたジン・マーレ50ml
レモン汁25ml
アーモンドシロップ 15 ml
飾り用のレモンとラズベリー


作り方:材料をシェイクして濾します。マティーニグラスに注ぎ、氷でいっぱいにしたボウルにグラスを置きます。ドライレモンとラズベリーを飾ります。

Red Velvet

TRS コーラルホテル;カンクン、メキシコ

ミクソロジストのサイード・マルティネス氏は、世界中を旅してトレンドやフレーバー、習慣を探し求め、後に自身のミクソロジーレシピに反映させています。

材料
クランベリージュース   1オンス
紅茶  1オンス
天然シロップ 1オンス
ジン  1.5オンス
グラスの縁用の砂糖と紅茶の茶葉
串に刺した赤いベリー


作り方:すべての材料をシェーカーに注ぎ、氷を加えて20秒冷やします。オールドファッショングラスの縁に砂糖と紅茶を付けて凍らせます。グラスに氷を入れ、ストレーナーでカクテルを注ぎ、最後に赤いベリーを飾ります。

The Sau Sau

マルベーリャ クラブ、ゴルフリゾート&スパ、マルベーリャ、スペイン

マルベーリャ クラブで知られるようになった「Sau Sau」は、イリノイ州シカゴの南部で生まれ、アル・カポネが好んで飲んだと言われている爽やかなカクテルです。

材料
角氷 4個またはそれに相当する量のクラッシュアイス
新鮮なミントの葉 数枚
ウォッカ 2オンス
ライムの果汁を絞ったもの 1/2個分
サトウキビシロップまたはガムシロップ 大さじ1/2
ソーダ水


作り方: ミント以外のすべての材料をカクテルシェーカー(または2つのグラスなど)に入れ、勢いよくシェイクします。シェーカーを開け、ミントの葉を加えます。シェーカーを閉じ、ミントを転がしてミントオイルを出します。冷えたコリンズグラスに氷と一緒に入れ、ソーダ水を注ぎます。ミントとライムを飾ります。

Playa Access

マリブビーチイン;マリブ、カリフォルニア、アメリカ合衆国

バーディレクターのジョシュ・カーティスが考案したこのクラシックなマルガリータは、ホテルのカーボンビーチクラブで太平洋を眺めながらお召し上がりいただけます。

材料
Casamigos Blanco 2オンス
フレッシュライムジュース ¾オンス
シロップ ¾オンス
新鮮なキュウリの絞り汁 ¾オンスの。


作り方:  カクテルシェーカーに材料を入れ、氷を入れて5回シェイクします。ホーソーン・ストレーナーで氷とカクテルを分離し、冷えたクーペ・グラスに注ぎます。串に刺したキュウリの輪切りを飾り、グラスの縁の外側にキス・オブ・ソルトを添えます。

Insolito Spritz

イルセレーノ ラーゴ ディ コモ、コモ湖、イタリア

インソリートのスプリッツァーでコモ湖への旅をお楽しみください。ホテルのお客様には、地元の食材を使ったロゼをブレンドしたアペロールスプリッツァーが好評です。グラスの中の洗練された味わいをお楽しみください。

材料
ロゼ入りアペロール 60ml
リンゴとオレガノのシャーベット  30ml
プロセッコDOCG ディ・コネリアーノ
リンゴのスライスとオレガノ


作り方:グラスを氷で冷やし、余分な水分を取り除きます。アペロールとリンゴとオレガノのシャーベットを注ぎ、さらにプロセッコを注ぎます。攪拌し、リンゴのスライスと新鮮なオレガノを飾ります。

Slip Of The Tongue

ヘイアダムス 、ワシントンD.C.、アメリカ合衆国

ホテルのバー「オフ・ザ・レコード」で最も人気のある春のカクテルの一つです。

材料:
ウォッカまたはお好みのお酒
ライムエード*


作り方:ウオッカ1に対してライムエード2の割合でシェイクしてストレートにサーブします。キュウリのリボンやライムホイールを飾ります。

*ライムエードの作り方
ライムジュース
きゅうりジュース
バジル水(バジルを水とブレンドして漉したもの)
パイナップルジュース
ハニーシロップ(蜂蜜と水を同量混ぜたもの)

Fresh Pineapple Cocktail

ブレスホテルマドリッド、マドリッド、スペイン

材料
お好きなウイスキー 40ml(ラム酒でも可 )
パイナップルバーボン 100ml*
レモン汁 10ml
シロップ 15ml**


パイナップルバーボンの材料
角切りにしたフレッシュパイナップル1/2個
1グラスバーボン/ブランデー/シェリー
シナモンパウダー 大さじ1


パイナップルバーボンの作り方:
パイナップルを細かく刻みバーボンに加え、シナモンを振りかけます。パイナップルがアルコールを吸収するようにコンロの中火で15分ほど煮ます。カクテルミキサーに入れ、冷蔵庫で保存します。

シロップの作り方**
鍋に砂糖1カップと水1カップを入れて沸騰させ、火からおろします。すべてが溶けるまで砂糖を混ぜ、冷蔵庫で冷やします。

作り方:カクテル スプーンですべての材料をボウルに入れて混ぜます。天然のパイナップルなので、泡の層ができます。ボウルに3つの氷を加えて混ぜ続けます。これをもう少し冷やし、水で薄めます。ロックグラスに2つの氷を入れ、冷やしたカクテルを注ぎます。飾りとしてパイナップルを添えます。

LIFFEY

チボリ モハレジュ サンパウロ, ブラジル

2014年、Seen São Pauloのヘッドバーテンダーであるハイトル・マリンは、30カ国以上から参加した国際的なミクソロジーコンテストに参加するためにアイルランドを訪れました。そしてその旅は、彼がこのカクテルに命を吹き込むきっかけとなったのです。‘Liffey’ は、アイルランドの文化に魅了されて生まれたカクテルで、ダブリンを流れる川にちなんで名付けられました。ビタースウィートな味わいとオーク材の香りが調和したカクテルです。

材料
ジェームソンウイスキー 2オンス
カンパリ 1/2オンス
アペロール 1/2オンス
チンザノ 1757 1/2オンス
オレンジビターズ
Jatobáまたはオーク材1枚
角氷6個


作り方:トーチの火を借りて、Jatobáの木の部分(またはオーク)に火をつけます、これはカクテルを燻すために使用されます。炎を燃やし続ける必要はありません。薪に火がついたら、燻した薪の上に空のブランデーグラスをふせて、煙をグラスの中に集めます。別のグラスもしくはシェーカーに氷を入れます。ウイスキー2オンスを追加し、次に、アペロール、チンザノ1757とカンパリを加えます。最後にオレンジビターズを加えたら、カクテルスプーンでこれらををかき混ぜておきます。先ほどの燻したブランデーグラスをひっくり返して角氷を加え、と混ぜておいたウイスキー等をブランデーグラスに注ぎます。

MARGOT

ファエナ ホテル ブエノスアイレス、ブエノスアイレス、アルゼンチン

数シーズン前に、テキーラの最高の風味と、それに近い「スイート&サワー」な相棒を携え 、プレミアムオレンジリキュールのグランマニエを組み合わせた、非常にみずみずしいカクテルを作りました。スイカジュースがローカル色を高め、塩コショウで縁取られたグラスが一口目から複雑な味わいを醸し出しています。毎年夏になると、リオ・デ・ラ・プラタの香り高いそよ風の下、プールバーでお楽しみいただけます。

材料
ホワイトテキーラ 1 ½オンス
グランマニエ 1/2オンス
スイカジュース 2オンス
ライムジュース  1ダッシュ(1ml)
シロップ 1ダッシュ(1ml)


作り方:グラスの縁に塩と挽きたての黒こしょうをまぶします。カクテルシェーカーですべての材料を混ぜ合わせ、グラスに注ぎます。最後に、グラスの上部にライムの皮を添えます。

close
格別の旅へ - ご旅行先はどちらですか ?

チェックイン日を選択

ご出発日を選択

検索する
  • お部屋:

閉じる